So-net無料ブログ作成
検索選択
マナスル・ティリチョレイク ブログトップ

マナスルそしてティリチョ・レイク プロローグ [マナスル・ティリチョレイク]

マナスル・ティリチョレイクへ

昨年は大震災とインド国境封鎖による混乱で予定したApiを断念してロールワリンに計画変更した経緯もあるので、今年はApiを考えていたが、マナスル・アラウンドに変更することにした。マナスルは2004年アンナプルナ・アラウンドの際に稜線越しにピークを望んだことがあるが、眼前に迫る眺望を目指すことにした。今冬(11月)はマナスルを回周してマナンからティリチョ・レイク経由してメソカント・パスを越えてジョムソンに至るルートだ。

すでにタイ航空のブッキングも終えて現地との詰めも終わった。11月6日出発でほとんどまるまる一ヶ月間の行程になる。アッパードルパと並ぶ長丁場になりそうだ。

マナスル・アラウンドはエベレストやアンナプルナに比べればトレッカーは少ないルートだ。 マナスルは日本人登山家今西が初登頂したピークで有名なピークだから日本人には馴染みのある山だ。標高8,163Mで第8番目の高峰で、サンスクリット語で精霊の山を意味するとのこと。

近年、ネパールの山岳地帯の開発はスピードアップしている。自動車道の整備が進み、トレッキングに要する日時は短縮できるようになったが、折角の自然豊かなトレイルが少なくなっていくのは寂しい。

マナスルもその例に漏れず自動車で入れる先がどんどん先になっている。 ちょっと古いガイドブックを見るとトリスリ・バザールがスタート地点になっているが、現在はソティコーラまで入れる。4日分が省略されるわけだ。マナスルは長丁場なので助かるのは言うまでもない。マナスルの西側にあるアンナプルナ・アラウンドでは私が行った2004年ではベシサハールがスタート地点だったが、今ではジープを使えばマナンまで行けるらしい。そしてジョムソンからはポカラまで飛行機を使わなければベニまでのトレッキングが楽しめたに、今ではバスが行き交っている。便利さを求めると豊かな自然とのふれあいがなくなって寂しい気もする。そして日本の新幹線と同様に道路の開通は地域事情を激変させて、以前なら重要な交易地、宿場であった集落が衰退していっている。

今回の計画ではマナスルを回周するだけでなく、ダラパニから下山せずに、アンナプルナ・アラウンドで歩いたマナンに向かう。そこでその時のトレイルから左手に分かれてティリチョ・レイクを経由しメソカント・パスを越えてジョムソンに至るルートにした。マナンからジョムソンのルートはトロン・パス経由で下るのが一般的で私がはじめて5000Mを超えた経験を思い出す。昨年だったか、トロン・パスは季節外れの大雪で多くのトレッカーが死亡したのが話題になった。メソカント・パスはトロン・パスより雪が多く難易度が高いらしい。マナスルからの帰路通るラルキャ・ラも雪渓道を歩くことになる。その2つが今回の行程の山場か。

日本での異常気象が世界的にも現れている現象ならば、ヒマラヤにも季節変動の影響が及んでいるのだろうか、気になるところ。半年先のことだからなんとも言えないが、ヒマラヤでは一番安定している11月なので、平穏で楽しいトレッキングになることを祈っている。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マナスルそしてティリチョ・レイク プロローグ3 [マナスル・ティリチョレイク]

11月8日(火)早朝出発を控えて気ぜわしくなってきた。とは言うものの慣れ親しんだ準備でもあり、気持ちの割には作業は進んでいない。勿論、ビザ、パスポートの更新、健康診断そして現地での不測の病気に備えた薬、カメラの点検、バッテリーの充電は完了した。今朝登山靴にシリコンを噴霧し、ぼちぼち衣料関係の点検を始める。

昨日、コックをしてくれるDorjeeさんからfbメッセージが入った。彼はダンパスピークのガイドからKTMに還ってきたところだった。 彼によるとダンパスでは強風と大雪でパーティーの一人が骨折し、レスキューヘリを呼んで戻ったとのことだった。乾期に入って安定しているはずの天候が今年は別のようだ。

確かに日本の天候も例年とは違った展開なのでヒマラヤとも関連するのだろうか。私が入山する頃はより安定するはずなので好天を祈るばかりだ。そういえば一昨年マカルーに行った際に大雪に悩まされたことが悪夢のように思い出される。

今回の予定は下記の通りだ。

8th Nov.Arrival in Kathmandu.transfer to hotel.
9th Kathmandu
10th Drive to Arughat.7hrs.570m to Sotikhola.6hrs.730m.
11th Trek to Machakhola.6hrs.930m.
12th Ttrek to Dobhan.5hrs .1070m.
13th Trek to Jagat.5hrs.1410m.
14th Trek to Fillim.5hrs.1590m.
15th Trek to Deng.6hrs.1800m.
16th Trek to Ghap.5hrs.2160m
17th Trek to Lho.6hrs.2910m.
18th Trek to Punggen Gompa.6hrs.4742m.
19th Trek to Samagaun.4hrs.3530m.
20th rest day samagaun
21th Trek to manaslu B.C 6hrs.4400m.
22th Trek to samdo 6hrs.3690m.
23th Trek to Dhamasala.6hrs.4470m
24th Trek to Larke pass 5106m. Bhimthang.8hrs.3720m.
25th Trek to Gowa.5hrs.2560m
26th Trek to Dharapani.6hrs.1860m
27th Drive to manang.7hrs.5340m.
28th Day 21.rest day
29th Trek to khangsar 4hrs.3750m.
30th Trek to tilicho Basecamp.5hrs.4150m.
1st Dec. Trek to tilicho high camp.6hrs.5240m.
2nd. Trek to mesokanto pass.7hrs. 5340m.Yak kharka camp.4200m,
3rd. Trek to jomsom 6hrs.2720m.
4th Flight to pokhara. To KTM
5th. reserve days
6th. Depart at KTM on 13:55
7th. Arrive at HND on 6:55

 


マナスル・ティリチョレイク ブログトップ