So-net無料ブログ作成
検索選択
アンナプルナ内院 ブログトップ
前の1件 | -

アンナプルナ内院へ (1) 20131202~14 [アンナプルナ内院]

2013.12.02/03  (1)
KTMからガンドルク(1940M)=(ガンドルン)へ

2005年にアンナプルナ・アラウンドをしたことが遠い昔の話になってしまった。実はアンナプルナ・アラウンドではⅡ、ⅢそしてⅣ峰が見えるが肝心の主峰Ⅰ峰(8091M)は見ることが出来ない。主峰を囲むように7000M級の山が立ち並んでいるのが理由だ。主峰を見るためにはどうしても内院に入らなければならない。内院という表現はどうも日本的表現だけのようだ。現地でそれに該当する名称を確認したが見つからない。しかし、内院とはよく言ったものだ。実感としてはその名称がぴったり。今回は前回見損なった主峰とマチャプチャレを眼前に見たいというのが目的だった。

このルートはヒマラヤトレッキングではもっともポピュラーなもので、クムジュン・タンボジェと並ぶゴールデンルートになっている。昨今10,11月のベストシーズンは富士山並のラッシュのなかを登ることになるので、閑静なトレッキングとはほど遠いのが現実だ。

幸い、12月に入るとさすがにトレッカーは一気に減って寒さを覚悟すれば静かなトレッキングが楽しめる。

12月2日真夜中の羽田発、BKK経由でKTMに入る。今回は久しぶりに相棒がいるトレッキングになった。同じフライトがとれなかったので、相棒は先発して飛行場でガイドのダワさんと待っていてくれた。市内の喧噪はますます激化しているようだ。
_20131202_164544.jpg
相棒はネパールが初めてだったので、途中でパシュパティナートに立ち寄る。ヒンドゥー教の最大の寺院で荼毘に付される煙と炎がもうもうと上がっていた。びっくりしたのは入場料が桁違いに高くなっていたことだ。たしか1000ルピー(約1000円強)だったのにびっくり。以前には半分以下だったように記憶している。その後渋滞にはまるなかタメルにあるサムサラホテルに向かう。着くにはいつもの倍以上の時間が掛かった。

ホテルで一時を過ごして夕方には歩いてスワヤンブナート寺院に行く。タメルからそう遠くないのだが、勘に頼って行くので右往左往。無事にゲートに着く。そこからの階段が凄い。上りでは感じなかった傾斜が下りで分かった。足を踏み外したら大怪我をするのは間違いない。

夜は私が情報提供した日本人トレッカーがマナスルから帰ってきていたので合流して行きつけの「タカリチュロ=タカリ料理の台所」で久しぶりのムスタング料理を頬張る。タカリ料理はネパールでは美味しい料理の代表格。タカリ地方の郷土料理。
_20131202_192315.jpg
_20131203_114424.jpg
翌日早朝ポカラに飛行機で向かう。ポカラからは絵はがき等で有名なマチャプチャレとアンナプルナ・サウスがはっきりと見える。タクシーをチャーターしてナヤプールに向かう。そこはプーンヒルなどへのショート・トレッキングの基地として有名だ。
_20131203_131236.jpg
_20131203_131319.jpg
ナヤプールでは今回のサポートをしてくれる仲間がすでに待機して、ランチを用意してくれている。コックさんはドルチさん、キッチンボーイにダワさんほか、ポーターも含めて半分は以前に一緒した仲間だった。ここはいつも通過はしているところだが、足を踏み入れるのは初めて。以前はここから早速トレッキングの開始だったと記憶しているが、今やすでに自動車道がガントルクまで開通し、我々はジープをチャーターして向かうことになっていた。
_20131203_162018.jpg
さすがに道は凸凹で乗り心地は決して快適ではないが、自動車道を歩くよりましだ。それなのに意外と多くのトレッカーが歩いているのはびっくりだ。たんに費用をけちっているとは思えないのだが。
_20131203_175001.jpg
_20131203_180137.jpg
_20131203_182004.jpg
ジープはガオン(集落)までは開通していない。キムチェ(1638M)で降りていよいよトレッキングの開始だ。12月とはいえこのあたりでは雲一つ無いこともあって汗ばむような陽気だ。約1時間程度のトレッキングでガントルク(1940M)に着く。
グルンの衣装.jpg
アンナプルナの南側はグルン族が大勢住んでいて独特のカルチャーを守っている。ガントルクもその一つのガオンだ。イギリス軍の傭兵として名高いグルカ兵はグルン族のことだし、現在も軍人として活躍している。日本人の顔ときわめて類似していて顔かたちだけでは日本人と間違いかねない。男性は白い布をたすき掛けに羽織るのが特徴だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | - アンナプルナ内院 ブログトップ