So-net無料ブログ作成
未知の世界 ブログトップ

初めてのアフリカ [未知の世界]

仕事という契機があって初めてのアフリカ、具体的には南アフリカとザンビアに行ってきた。8月は乾期、現地ではearly springと言っていることから分かるようにすでに一番寒い時期は終わっている。日中は汗ばむほど暑くもなり、陽が落ちる頃には肌寒さを感じてしまう。一言で云えば快適そのものだ。
ビクトリアの滝1.jpg
ビクトリアの滝2.jpg
通貨が南アフリカはランド、ザンビアはクワチェ、物価換算に頭を悩ました。開発途上国と言えば物価が安いのが相場なのにほとんど日本と変わらない。タクシーに乗ってもレストランに入っても決して安くない。

その背景には格差社会が原因ではと思えてくる。南アフリカでは植民地時代の英国の影響が色濃く残っていて経済を押さえている白人と圧倒的に貧しい市民(下層)と分断されている。豪邸街と掘っ立て小屋が同居している。ザンビアでも白人は追放されたが、黒人間での格差は日本を超える貧富の差だ。

物資は結局富裕層への商品でしかないので、輸入品に頼ることになるし、他方で外貨を稼ぐ手段を持ち合わせないのでインフレを惹起した結果物価高騰になってしまうのだろう。


高級ホテルでバスタブに入り、車の窓は決して開けないで、ましてや街を一人歩きはしないようと言われてしまうと現地との接点は正直言って失われてしまう。
ザンビア2.jpg
ザンビア4.jpg
格差社会にはびっくりしたが、自然界はさすがに独特の魅力を与えてくれる。茫漠とした草原に草を食むウオーターバックやインパラ、水面から目と鼻を出しているヒポ(カバ)を見るとついつい興奮してきてしまう。それと世界三大瀑布の一つと云われているビクトリアの滝には圧倒された。

次回はもっと現地の人々と接し、自然な動物たちにもたくさん出会ってみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤンバルクイナ [未知の世界]

沖縄本島最北端にある国頭村を訪ねた。安田(アダ)にあるホテルに泊まり、ヤンバルクイナがよく出没するという楚州(ソス)を目指す。ヤンバルクイナは日没前と日の出後に餌を求めて国道沿いに出没すると云われている。飛翔できない鳥なのでしばしば自動車にはねられる事故が多発している。国道を走っていると随所に警告表示が立っている。

ヤンバルクイナは1980年頃にその存在が確認された珍鳥。その後絶滅危惧種として希少野生動植物種の指定を受けて保護活動が行われている。滅多に見られない鳥だろうとホテルの支配人に確認する。意に反して当地では日常的に目にする多少迷惑な鳥として扱われているらしい。支配人から得た情報を頼りに車を走らせる。

沖縄県は日没が本州より遅いので(当然日の出も遅い)19時前後に車を出して、しばしば出没していると噂されている風力発電所を目指す。事故を起こさないようにそろそろと前進だ。車を止めて様子をうかがうが声はすれども姿は見えず。ゆっくり走っているうちに楚州を越えて赤座まで来てしまった。出会いが無かったので途中にあった楚州の共同売店に寄って清涼飲料を求めながら、レジのおばさんに改めてどの辺が出会いのチャンスがあるのか尋ねた。しかし返ってきた答えはどこと云うことは言えないよ、きっと出会うはずだからという返事だった。

地元では庭先に出没し蒔いた種を食い荒らす害鳥扱いのようだ。Uターンをして宿を目指しながら徐行運転。脇道から鳴き声が聞こえるので分け入って車を止める。一瞬泣き止んだが、すぐに数羽の掛け合いで鳴き声は確認できた。そちらに目をこらすけど歯朶のなかだろう影も形も見えない。

残念ながら今晩は諦め気分。夕飯をしなければならないので宿に戻ることにする。

翌朝5時半起きで再度挑戦。未だ暗く水平線がかすかに白んでいた。また楚州を目指して徐行運転。対向車線を私と同じ目的なのだろう徐行でこちらに向かってくる車があった。出没頻度の高いと云われた風力発電所に近づいたとき、2羽の黒い物が小走りに国道を過ぎっていった。目を凝らして見ると間違いなくヤンバルクイナだ。あっという間に道路際の藪に姿をくらましてしまった。

その場でエンジンを止めて再度登場するのを待ち構えたのだが、なかなか現れない。しびれを切らして再び徐行運転で楚州の集落に向かう。楚州の集落を二分するように川があって、橋が架かっている。その橋を渡ろうとしたその矢先に2羽のヤンバルクイナが警戒もなく現れた。

直ちにエンジンを止めて慌てて望遠レンズを付けたカメラを構える。車の前を行き来しながら道路に落ちている餌だろうか啄んでいる。記念としての写真撮影には成功だ。
ヤンバルクイナ3.jpg
(クリックすると拡大します)
何度か国頭村を通ってヤンバルクイナとの出会いを期待したが、一瞬通過する程度では出会えるはずはない。今回当地で泊まることで長年の夢が実現することとなった。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
未知の世界 ブログトップ