So-net無料ブログ作成
検索選択

ガウリサンカール・メンルンツェ・ツォーロルパへ (閑暇休題 [ロールワリンヒマールに]

ネパール事情をちょっと。
11月にたまたまヒマラヤ山行を計画していていざとなったらあれこれ問題が山積していることが判明しました。
まずは地震のダメージですが、これは幸いにして計画中止とか変更になるほどではありませんでした。
実はそれ以上に深刻だったのはインドとの対立です。歴史的に政治、経済はインド抜きでは考えられないのですが、そのインドとの関係が拗れて国境が封鎖され物資不足に陥っています。インドに依存している石油、米、小麦粉等々生活必需品が極端に欠乏しています。当然バス、タクシーという交通手段が稼働できず、さらに人や物資の移動が阻害されています。現象としてはゼネスト同様の現象を呈しています。
背景を現地市民に聞くのですが、なかなか正確なところは分かりません。
ただ、この度長年の政治的課題だった新憲法制定実現がインド政府を逆撫でしたのが起因のようです。そしてタライ平原を併合して国境の変更を企んでいるのが本音だと市民は怒っていました。
この間隙をぬってヒマラヤを越して中国もちょっかいを出しています。
弱小国ネパールの運命はいかに隣国である両国を天秤にかけてフリーハンドを確保出来る有能な政治体制が確立出来るかどうかに将来がかかっています。
しかし市民は政治にはほとんど覚めきっていて絶望しています。
開発途上国に共通するバリア、なかなか解を見つけられない課題を改めて実感した今回のネパール入国でした。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ナカチャン

 昨年11月、私は、マカルーからルクラ、更にロールワリング山群をトレッキングしました。
 羅針盤さんの記録に期待しています。

by ナカチャン (2015-12-11 17:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0