So-net無料ブログ作成
検索選択

挑戦ーマカルー・アラウンド① [マカルーからシェルパニ・コル]

出発まで1ヶ月を切って昨日ビザの申請も終わった。先日の健康診断で心臓、脳には異常なし、血液検査もパスをした。破傷風のワクチンは昨年打ったので問題なし。いつものことだが高揚感とともに不安が過ぎる。

先週、ガイドを依頼しているダワさんからメールが来た。私の知り合い、といってもブログを通じて知り合った方だが1ヶ月前にダワさんをガイドに私が目指すルートにチャレンジした。その際にトラブルがあったという報告だ。

シェルパニ・コルを越してさらにウエストコルを越える際なのか詳細は不明だが、装備、食料をクレバスに落下させてしまったとか(人間でなくてホットしたが)。当然奥地の奥地なのでその後の対応が大変。食わず飲まずでルートを変更してアムラプチュ・コル越えを断念してメラピーク側に沿って下りることになったらしい。

このルートは私にとってただでさえ困難なルートへの挑戦なので、この情報はさらに不安を増幅させているのが正直な気持ちだ。

友人からの壮行会をして頂いたあとに、必達したいという思いと冷静なリスクの想定と最悪の場合の退却も視野に入れなければならない。さすがに今回は今までのトレッキングとは違って緊張感と不安が脳裏を過ぎっている。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 1

ナカチャン

荷物を落下させられたトレッカーから一言。
 サーダーのダワ氏は、お客が払った費用で買った食料、燃料、ザイルの他、私の個人装備まで失っていながら、謝りもせず、勿論、弁償にも応じず、私からの電話を非通知にしている。
 ネパール人の経営する多くのトレッキング会社が、ポーターの途中行方不明等で料金の払い戻しに応じていない。また、今回のように、会社側の責任によるルートの変更、お客の私物の損害に、無責任な態度を取り続けている。
 今後、セブン・サミット・アドベンチャの会社及びダワ・テンジン・シェルパに騙されないよう、忠告したい。
by ナカチャン (2014-11-24 22:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。