So-net無料ブログ作成

野田政権に期待すること・ポピュリズムからの離別 [思いのまま]

野田政権誕生で一つの希望を与えてくれています。不利な立場でありながら党首選で増税路線を下げなかった一貫性はポピュリズムに毒されている政治下ではきわめて希有な人物だったことです。

他方、その他の候補者そして野党の主張である景気浮揚をして、その先に増税を実施するという国民迎合型の理論は矛盾に満ちています。

バブル崩壊後に一貫して景気浮揚のために赤字国債を多額に発行して来ましたが、結果的には景気の浮揚は全く実現出来ず、その結果が世界的にも注目される巨額の赤字をため込んでしまいました。

その先は日本国債の信用失墜により財政健全化という政策変更を外国から要求されて、結果的には年金、歳費削減等々もっと厳しいデフレ政策が要求され、実施されることになるでしょう。

今日そのような最悪にならないのは国民の金融資産があるからですが、それも今のまま行けば早晩確実に底をつきます。

ただ、このような血の出る厳しい政策=増税路線=実現には官高民低という格差の解消が実現の鍵です。国会議員の削減、公務員の生涯賃金の見直しなど税金に群がっている公的部門のスリム化が実施されれば国民も増税に賛同するでしょうし、政治も政局依存から国民の支持に支えられた政治が実現される筈です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0